2020年03月12日

第92回選抜高校野球大会中止

第92回選抜高校野球大会が中止となりました。
新型肺炎による健康被害を考えてとのことです。
しかし,野球したくらいで感染するとは思えないのですけれどね。
無観客で消毒を密にすれば問題はないのではないかしら。
何と言うか,過剰反応な気がします。
或いは世論の同調圧力に屈したとも言えるでしょう。
出場予定だった選手たちに何らかの救済はして欲しいですね。
夏の選手権を規模拡大するというのも視野に入れて欲しいもの。
尤も,現状では新型肺炎が終息する見込みは立っていませんけれども。
この判断は後々に尾を引いてしまいそうな気がします。
残念でなりません。
【高校野球の最新記事】
posted by 森山樹 at 06:38| 高校野球

2020年03月09日

プロ野球開幕延期

新型肺炎の影響で2020年シーズンの開幕が延期になりました。
残念ですが,この情勢下では仕方がないことなのでしょう。
実際にいつ開幕するのかは今後検討が進められるとのことです。
問題は事態の終息の目途がまるでつかないということ。
或いは国からの各種イベントの自粛要請解除を待つのかもしれません。
今年は東京五輪の開催でもともと変則日程なのですよね。
それが更に変則な日程を余儀なくされてしまいます。
選手の調整も難しくなりそう。
逆を言えば,実力以外の部分が多分に作用するペナントレースになりそうです。
posted by 森山樹 at 21:54| NPB

2020年02月12日

野村克也監督の想い出

スワローズ黄金期を指揮した野村克也さんが急逝されました。
心から尊敬する野球人であり,野球の面白さを再認識させてくれた恩人であります。
スワローズとファイターズのファンである前に野村克也ファンであったように思います。
タイガースとゴールデンイーグルスの監督時代も大変に楽しませていただきました。
とは言え,やはり1990年代スワローズの監督時代が一番印象深いのですけれども。
頭を使って,考えて,野球をすることの伝道者でありました。
そして,その教えを実践出来た,当時のスワローズは本当に魅力的だったと思います。
何よりも現在のプロ野球に野村監督の薫陶を受けた指導者が多いのが素晴らしい。
スワローズは勿論のこと,ファイターズにもその後継者を見出すことが出来ます。
タイガースもゴールデンイーグルスもライオンズもドラゴンズも同じことが言えます。
ゴールデンイーグルスは石井一久GMや伊藤智仁コーチも所属されますしね。
勿論,野村克則コーチもきっと野村監督の野球を継承してくれるでしょう。
改めて野村克也さんの遺した足跡の大きさを痛感いたします。
スワローズも高津監督と池山二軍監督に野村イズムを体現して欲しいと思います。
在野の宮本慎也さんや稲葉篤紀さん,橋上秀樹さん,飯田哲也さんらの姿も見たいもの。
古田敦也さんにも再度監督業に挑戦して欲しいと思っています。
いつか野村チルドレンと呼ばれる人たちがペナントを争う姿を楽しみにしています。
野村監督,本当にありがとうございました。
そして,スワローズファンとして,野球ファンとして,心から感謝しています。
スワローズのユニフォームで天国へ送られることに嬉しさを感じます。
いつまでも,その姿を忘れることはないでしょう。
posted by 森山樹 at 22:07| スワローズ

2020年02月04日

ファイターズの新外国人選手

ドリュー・バーヘイゲン投手とクリスチャン・ビヤヌエバ選手が加入します。
バーヘイゲン投手は右の先発という起用でしょうかね。
それなりに評判がいいので楽しみです。
ビヤヌエバ選手は2019年はジャイアンツに所属していました。
強打の三塁手と言った印象ではあります。
守備も悪くないのでファイターズの懸案である三塁手として活躍して欲しいです。

昨年からの残留組を含めて外国人選手は5人体制となりそう。
投手はニック・マルティネス投手とブライアン・ロドリゲス投手が残ります。
マルティネス投手は昨年一年を棒に振ったので再起を期待したい。
ロドリゲス投手は先発でも中継ぎでも問題はない筈。
野手では王柏融選手が残留しました。
まあ,3年契約なので当然と言えば当然。
今年こそは台湾の四割打者の真価を発揮して欲しいものです。
posted by 森山樹 at 19:52| ファイターズ

2020年02月02日

スワローズの新外国人選手

2020年のスワローズの新外国人選手が入団会見をしました。
ガブリエル・イノーア投手,マット・クック投手,アルシデス・エスコバー選手です。
イノーア投手とクック投手はともに右の先発型という印象です。
投手陣は不足しているので先発陣に食い込んで欲しいもの。
エスコバー選手はMLBでも実績のある堅守の内野手。
青木選手のロイヤルズ時代の僚友でもありますね。
いずれも魅力的な選手だけに期待をしています。

昨年からの残留はスコット・マクガフ投手とアルバート・スアレス投手の2人。
これで投手4人に野手1名の外国人選手は5人体制となります。
マクガフ投手とエスコバー選手が1軍確定となりそう。
問題はバレンティン選手が抜けた穴の補強が全くないということ。
エスコバー選手は守備はともかく打撃に過剰な期待は出来ません。
打力重視の外国人選手を獲得して欲しかったなあ。
三塁に村上選手をまわして,一塁に新外国人選手という布陣も悪くない。
また,左腕の外国人投手も1名くらいは欲しかった。
似たような型の投手が揃ったなあという印象があります。
posted by 森山樹 at 13:51| スワローズ